自然豊かな栗山町で、こだわりの手作りハムやウインナーの製造販売

手造り栗山ハム「ハム工房ささ木」

こだわりの燻製

こだわりの燻製

手作りくりやまハム工房ささ木は自家製スモークサーモンやソーセージ、ベーコン等を作るための、燻製(スモーク)用桜のチップにもこだわりを持っています。東北地方の大船渡産のさくらチップは他のものと比べ、見た目は小さく、薫りが強めなのを特徴としているため桜のスモークの香りが口いっぱいに広がります。

燻製作りは手間、暇がかかります。下処理が大切なのはもちろんのこと、塩抜きは素材から染み出た余分な成分を洗い落とすため、絶妙な塩加減が味の決め手となります。燻煙をかける際には時間が勝負のため、片時も離れず見て煙の調節を行います。素材にこだわるだけでなく、手法にもこだわり、長い時間をかけて出来上がった美味しい燻製をハム工房ささ木は自信を持ってお出ししています。

燻製づくりの行程

  • 素材の下処理を行います。余分な脂肪・血管・スジなどを取り除き、塩漬けします。塩漬けすることにより素材のうまみが凝縮するだけでなく、余分な水分が外に出ることで腐敗を予防します。
  • 水抜きをすることで素材に付着した余分な塩分を取り出すという意味と素材から染み出た余分な成分を洗い落とすという意味があります。絶妙な塩加減で味が変わってくるので慎重に作業します。
  • 塩抜きが終わった後、塩加減はどうか、素材の味をしっかりと引き出せているか一旦切って味見をします。
  • 素材を乾燥させることで燻製の煙がかかりやすく色づきも良くなります。直射日光の当たらない場所で風を当てて乾かします。
  • 大船渡産のさくらチップを使って素材をしっかりとスモークします。煙に含まれている有効成分には風合い、香り、殺菌作用があり、素材のうまみも引き出します。この際は片時も離れず煙の調節を行います。
  • 長時間手間暇かけて手法と素材にこだわった、手作りハム工房ささ木の美味しい燻製が出来上がりました。

スマートフォンサイトへ